東京サマーランド入園料《100円割引》割引チケット情報

東京サマーランドの入園料がフリーパス券が100円割引になる割引チケットを入手する方法を紹介。スマートフォンの割引クーポンを提示するだけで割引になる方法も紹介。

※2017年4月更新
東京サマーランド
Tokyo Summerland photo by Dick Thomas Johnson

夏の定番レジャーのプールと言えば東京サマーランド!大自然に囲まれた屋外プールと、天候に左右されない屋内プールの2つのプールに、8つのウォータースライダーなどのアトラクションに加え、遊園地もあって一日中遊びまわれるレジャー施設です。

東京サマーランドの割引クーポンを入手する方法

東京サマーランドのフリーパス券を入手するには、Yahoo! JAPANが提供する「デイリーPlus」という会員制割引優待サービスを利用します。

デイリーPlus」とは、Yahoo! JAPANが提供する会員制割引優待サービスです。全国90万件以上の割引サービスなどの特典が家族全員で利用できます。月額540円(税込)ですが、初めての方は、《最大2カ月無料》で、デイリーPlusが使えます。

通常1ヶ月無料ですが、以下のページから申し込めば2ヶ月無料になります。

デイリーPlus 2カ月無料特典付き申込みページ

「デイリーPlus」を利用すれば、東京サマーランドの割引クーポンでフリーパス券が以下の割引価格で購入できます。

【4~6月、10~3月】 フリーパス料金

  • フリーパス券 おとな(中学生以上) 3,000円 ⇒ 2,900円(100円割引)
  • フリーパス券 こども(小学生) 2,000円 ⇒ 1,900円(100円割引)

【クーポン有効期限】2018年3月31日まで

プラン公開期間を過ぎた場合、割引内容が変更されていることがあります。最新の割引情報は、「デイリーPlus」で確認してください。

割引クーポンの入手手順

割引クーポンを入手する方法は超簡単です。

  1. デイリーPlusに会員登録
  2. 東京サマーランドの割引クーポンをゲット
  3. 東京サマーランドで楽しむ♪

以下は、東京サマーランドの割引クーポン入手手順のスマートフォン画面での例です。パソコンでも同じ手順です。

「デイリーPlus」は、Yahoo! JAPANが提供する会員制割引優待サービスです。今なら以下のページから申し込むと2ヶ月無料特典がついてきます。

デイリーPlus 2カ月無料特典付き申込みページ

参考:デイリーPlusの2か月無料申込方法と解約方法

「デイリーPlus」の検索窓から「東京サマーランド」と入力して東京サマーランドの割引プランページを表示させます。
tokyo-summerland_04

プラン・お申込みページを選択します。
東京サマーランドの割引クーポン

画面を下の方に進めて表示される[割引クーポンを表示する]ボタンをタップします。
東京サマーランドの割引クーポン

割引クーポンが表示されるので、東京サマーランドの入場チケット売り場で提示すれば、割引料金で購入できます。
東京サマーランドの割引クーポン

購入した割引チケットで東京サマーランドを思いっきり楽しんでください。

フリーパス料金は季節によって変わりますので、事前に公式サイトなどで確認してください。

東京サマーランド

都心から1時間ほどのところ、屋内プールと屋外プールの2つのプールアリアと遊園地がある東京サマーランドは夏の定番のレジャー施設です。

午前はプールでたっぷりと泳いで、昼からは遊園地で遊ぶなど、家族で行っても一日中楽しめます。

夏はやはりプールがメインですが休日ともなると混雑します。しかしとても広くて子供連れの家族には一日遊べていいスポットです。

特に屋内プールのアドベンチャードームの方は、季節や天候を気にせずに遊べるので、たまたま天候が悪くても、こちらで充分に楽しめます。

屋外プールのアドベンチャーラグーンは、解放感たっぷりで流れるプールや5種類、8機種もあるウォタースライダーが楽しめます。

波の立つプールも波の時間以外は遊ぶのに問題ない程度の込み具合ですが、波の時間になると一時的に混雑するので注意が必要です。

人気のデカスラ(ウォータースライダー)は、別料金になりますが、フリーパスがあれば乗り放題なので、ウォタースライダーを何度も楽しみたい人は、フリーパスがお得です。

また、温水プールや地下の洞窟風呂など、大人でもリラックスできる施設もあるので、デートにもいいですね

そして、6月から7月のシーズンはあじさいの季節で、山の斜面にあるあじさい園を散策するのもいいですよ。

東京サマーランドの口コミ

東京サマーランドは東京の郊外にあり、屋外・屋内プールがメインのレジャー施設です。電車やバスはもちろん、大型駐車場が併設されているので、マイカーでのアクセスも良好。カップルからファミリーまで、一日中飽きることなく楽しめるテーマパークです。

天気が少しくらい悪い日でも、屋内プールは南国の雰囲気を醸しだしているので、外の天気を忘れさせてくれることでしょう。リラクゼーションを求めるなら温水の地下プールがお勧めです。洞窟をモチーフにしたスパとプールで探検隊の気分を味わってください。

プールで思い切り遊んでお腹がすいたら、バラエティー豊富なレストランで空腹を満たすことができます。プール施設だけではなく、誰もが楽しめる遊園地・スリルマウンテンも訪れてみてください。

小さなお子さんが安心して乗れる遊具や、ジェットコースター好きには堪らない絶叫系の乗り物も充実。お化け屋敷で肝試しに挑戦すれば、デートが盛り上がること間違いないでしょう。

アウトドア・スポーツエリアにはゴルフ練習場や、季節になれば多くの美しい紫陽花が咲き乱れる「あじさい園」があり、東京サマーランドは子どもから大人まで年齢を問わず楽しめるテーマパークです。

東京サマーランドのプール

東京サマーランドといえば、8つのウォータースライダーや流れるプール、温浴プール、軟水ジャグジーなど、多彩なプールで一年中遊べるレージャー施設です。

東京サーマランドは、天候や季節に影響されない屋内型プールのアドベンチャードームと、スケールの大きなウォタースライダーや流れるプールが楽しめる屋外プールのアドベンチャーラグーンの2つのプールエリアがあります。

屋外型プール:アドベンチャーラグーン

アドベンチャーラグーンは屋外にあるので、基本的に夏場だけ(7月1日から9月30日)の営業になります。夏のサンサンと照る太陽に下で、ウォタースライダーや流れるプールでタップリと楽しめます。またプールサイドで音楽などのイベントも行われます。

流れるプール『グレートジャーニー』は全長が約650メートルもあって浮き輪に乗ってノンビリと流れていくだけで、疲れた体を癒せます。

アドベンチャーラグーンの目玉はなんといっても、スリル満点のウォタースライダーです。

特に『DEKASLA(デカスラ)』は、高さ約24メートル、コースの全長約131メートルあって、高さ約19メートルのスタート台から専用ボートに乗って、すべり降りていくウォタースライダーです。

曲がりくねったトンネルや、ファネル形状のコースなど、上昇や下降を繰り返して、水流に乗って滑走しながら一気に滑り落ちるスリルは他では味わえないアトラクションです。東京サーマランドの最強のウォタースライダーです。

その他に、トンネルをぬけて水深のあるプールへ滑り落ちるというより、水の中にドボンと落ちる感覚のウォタースライダー『DOBON(ドボン)』や、高さ20メートルのスタート台からゴムボートに乗って滑り落ちる『TOWAER ROCK(タワーロック)』などのウォタースライダーだけで、十分楽しめます。

アドベンチャーラグーンには、ビーバーレイクの中央に建つ『バシャハウス』という謎のツリーハウスの窓や煙突から突然噴き出す水や、噴水のアーチ、落差8メートル滝が流れるアドベンチャーフォールなどで、岩登りや滝すべりなども楽しめます。

屋内型プール:アドベンチャードーム

アドベンチャードームは、天気や気温を気にせずに楽しめる屋内プールです。夏の太陽で日焼けが心配な方にも、雨が降っても、いつでも楽しめます。

アドベンチャードームの目玉は大きな波の立つプールです。1時間おきに立つその波の高さは70センチと大人の腰ほどの大きな波です。

湯遊大洞窟』という、まるで地底湖のようなミステリアスな空間にある温浴プールは、冷えた体をゆっくりと温めてくれます。

また『軟水ジャグジー』もあり、ゆったりとリラクゼーションができて、ウォータースライダーで遊びつかれた後に、くつろぐにはピッタリのエリアです。

東京サマーランドの最新情報は、東京サマーランドの公式サイトで確認

デイリーPlusは会員登録が必要ですが、月額料金(税込540円)以上にお得な割引特典があるうえに、家族全員で利用できます。今なら2ヶ月無料なので、割引クーポン・チケットが必要な人は登録してもまったく損はないです。しかもいつでも簡単に解約できます。

通常1ヶ月無料ですが、以下のページから申し込めば2ヶ月無料になります。

デイリーPlus 2カ月無料特典付き申込みページ

※ この記事は投稿日時点の情報です。割引価格の変更やサービス内容の変更をしている可能性があるので、詳細は「デイリーPlus」、「駅探バリューDays」や各施設の公式サイトでご確認ください。

日帰りバスツアーや日帰り旅行の予約ならポケカル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする