那須ハイランドパークのアトラクションの楽しみ方

那須高原は、夏は涼しく、冬はスキーや温泉が楽しめ、とても空気がおいしいのが高原地帯です。その観光地でも人気の那須高原にあるのが那須ハイランドパークです。那須ハイランドパークは家族連れでもカップルでも一日中楽しめる遊園地です。

那須ハイランドパーク

那須ハイランドパークの割引情報を事前に確認

最近のテーマパークや遊園地と同じように、一日楽しむなら入場券とアトラクションを別々ではなく、パスポートがとてもお得です。とくに那須ハイランドパークは、様々な割引チケットやクーポンが入手できるので、遊びに行く前にはかばらず手に入れるようにしておきましょう。

那須ハイランドパークに限らずパスポートは5,000円以上といいお値段しますので、家族で遊びにいく場合は、たとえ数百円の割引でも人数分の割引を合計すると、バカにならない割引金額になりますよ。軽いランチくらい家族で払いえるほどの金額になったりします。

中にはスマホのクーポン画面を見せるだけで割引してくれたりしますが、割引額の大きいクーポンはパソコンからプリントアウトしたり、事前に申し込んで購入する必要があるので、割引金額を上げるのなら、事前に割引きサイトはチェックしておきましょう。

那須ハイランドパークす比較的すいている

那須ハイランドパークは、都会のテーマパークなどと違って、休日でもあまり混雑していないので、人気のアトラクションでも長時間ならぶことはありません。

園内には、「コースタープラザ」、「スカンジナビアンガーデン」、「森と水のファンタジーランド」、「自然体験ゾーン」などのテーマ設けたエリアがあって、それぞれでアトラクションが楽しめます。

那須ハイランドパークの絶叫系が豊富

那須ハイランドパークは、やはり若者受けをねらった遊園地で絶叫系のアトラクションも豊富です。その中でも一番人気なのが、「ビッグバーンコースター」です。最大傾斜75度とまるで絶壁を落ちていく浮遊感は絶叫系の中でも最高の気分を味わえます。

その絶壁をつかった2回のドロップと、垂直ループがあるので、かなり強烈なGと、浮き上げる感覚は、絶叫系コースターファンならずとも、何度も乗ってみたくなるはずです。

シンプルなコースを走る「サンダーコースター」はコークスクリューと斜めカーブのドロップが、荒さを感じるコースターです。最大傾斜はそれほどではないですが、Gの強烈さはかなり体に応えます。

傾斜はそれほど強くなく、ゆったりと楽しめるのが、「キャメルコースター」です。長い距離をゆっくりと走行するので、衝撃はそれほど強くないのですが、カーブへの突入は急カーブを曲がりきる感覚で、コースターの面白みは充分に味わえます。

ぶら下がり式のコースターが「F2」です。ひねりが混ざったループ、曲がりながらのドロップ、はげしさ満載のコースターです。振動が激しいので、ハーネスに頭や体をはげしくぶつけないように注意しないと、かなり痛い目にあいそうです。

その他に、「SHINPI」、「バットフライヤー」、「パニックドライブ」、「スーパーバイキング」、「リバーアドベンチャー」、「MeGaMo(メガモ)」、「ダークキャッスル」など、アトラクションは多く、一日中楽しめます。

那須ハイランドパークはパスポート以外は損

那須ハイランドパークの主要なアトラクションの料金は、500円から1,000円ほどです。これをいちいち楽しむ都度払っていると、かなりの料金になります。

人気テーマパークのように、長時間ならんで、一日で乗れるアトラクションに限りがあるなら別ですが、那須ハイランドパークは、ほとんどならばずにアトラクションが楽しめるので、パスポートは必須です。

できれば割引きでパスポートを購入して家族全員で一日楽しむことがいちばんお得だと思います。「那須ハイランドパーク《1,100円割引》割引クーポン情報」でクーポンをゲットしておいてください。

那須ハイランドパークは、大人から子供向けのアトラクションも多数そろっているので、家族でも充分に満足できる遊園地です。

那須ハイランドパーク
〒325-0398 栃木県那須郡那須町高久乙3375

今すぐ割引クーポンGET! ⇒ デイリーPlus 2カ月無料特典付き申込みページ

「デイリーPlus」は月額540円(税込)ですが、2ヶ月の無料期間内に解約すれば、すべての割引サービスが無料で利用が可能です。解約もとても簡単ですぐにできます。

※ この記事は投稿日時点の情報です。割引価格の変更やサービス内容の変更をしている可能性があるので、詳細は「デイリーPlus」、「駅探バリューDays」や各施設の公式サイトでご確認ください。

日帰りバスツアーや日帰り旅行の予約ならポケカル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加