富士急ハイランドの見どころ – 絶叫系アトラクション

絶叫系アトラクションといえば、富士急ハイランドですね。「高飛車」「ええじゃないか」「FUJIYAMA」「ドドンパ」など絶叫系アトラクション好きにはたまらない超絶マシンがそろっています。

富士急ハイランド
富士急ハイランド photo bybisoy

富士急ハイランドの入園料、乗り物券、フリーパスなどが割引になる方法は、「富士急ハイランド《2300円引き》割引チケット&クーポン情報」をご覧ください。

富士急ハイランドの絶叫系アトラクション

富士急ハイランドの中でも人気の絶叫系アトラクションを紹介します。

高飛車
“最大落下角度121度”の新・大型ローラーコースター
年齢制限:10才~60才
身長制限:130cm~

垂直に巻き上げて、その頂点から直後の落下からの突然の一時停止で恐怖のどん底へ落とします。垂直90度オーバーの121度が最高の絶叫体験ができます。絶対一番の絶叫系アトラクションです

ええじゃないか
総回転数世界一のローラーコースター
年齢制限:10才~60才
身長制限:130~200cm

乗っている間、座席が前後方向に回転するローラーコースターです。ひねりと宙返りでスリルと開放感が楽しめます。足がブラブラしているので踏ん張ることができないので不思議な感覚になります。

FUJIYAMA
すべてが規格外の「KING OF COASTERS」
年齢制限:~62才
身長制限:120cm~

最高速度130km/h、最大落差70メートル、最高部79メートルと、世界最高クラスのローラーコースターです。速さと高さのスリルで感動すら覚えます。コースターの頭頂部からの富士山の眺めは最高です。

ドドンパ
スゴすぎるスピード ワールドブッチギリコースター
年齢制限:10才~60才
身長制限:130cm~

乗ってからわずか1.8秒、息つく暇もなく172km/hの最高速度に達する驚異の加速がスゴ過ぎます。垂直上昇と垂直落下も空に投げ出されそうな感覚も最高です。富士急ハイランドの園内全域を走る景色も見ものです。

鉄骨番長
日本初登場!高さ50mを超える天空の回転ブランコ
年齢制限:~64才
身長制限:110cm~

空中ブランコなので足がぶらぶらしている状態で、振り回されるだけだと思ったら大間違いです。高さ50メートルを超え、最高時速51kmで回転するので、爽快感だけじゃなく浮遊感と恐怖感も味わえます。

トンデミーナ
これまでにないスリル&スピード&爽快感&浮遊感
年齢制限:~59才
身長制限:137cm~195cm

長さ25メートルのアームの先端に取り付けられた円盤型の座席に座って、振り子のようにスイングしながら回転するアトラクションです。揺られながらグルグルまわる不思議なスリル感とスピード感が味わえます。

ナガシマスカ
日本初!巻き上げ型ラフティングライド
年齢制限:~64才
身長制限:110cm~

4人乗りの円形ボートで激流を下る急流スベリです。上から滑り落ちるだけでなく、スタートは巻き上げて式で、高さ18メートルまで一気に上昇後、いろいろな難関を乗り越えながら激流を下ります。

クール・ジャッパーン
水しぶきが舞い上がる!高さ30mからの大迫力ダイビング
年齢制限:~59才
身長制限:120cm~

その名の通り、頂上からすべりおちて「ジャッパーン」と水しぶきを舞い上げるウォーターライドです。カッパを着ていないと、びしょぬれ必至です。夏は涼しくていいかも。

マッド・マウス
見た目かわいく意外にハード!?小型の二人乗りコースター
年齢制限:~64才
身長制限:110cm~

かわいい見た目から想像できないほど、小回りが効く二人乗りコースターです。右に左に急旋回を繰り返して、急な直角の動きが以外にハードです。

レッド・タワー
眺めサイコー、そのあと絶叫!高さ52mからの垂直落下
年齢制限:~59才
身長制限:130cm~

垂直にゆっくりと上がって、頂上でとまってから、いきなり急降下します。高さ52メートルからの眺めを楽しめます。富士山側の席にあたれば、眺めはより最高です。

パニック・ロック
時計の動きは予測不能!地面すれすれの動きが大人気!
年齢制限:~59才
身長制限:130cm~

時計モチーフの観覧車のようなアオラクションです。観覧車と違い足をぶらぶらさせた状態で座席に座り、無秩序でハードなタテ回転をします。

絶叫系アトラクションは、身長制限や年齢制限があるので、小さな子供のいる家庭では、人気のトーマスランドで楽しんでみてはどうでしょう。

デイリーPlus 2カ月無料特典付き申込みページ

※ この記事は投稿日時点の情報です。割引価格の変更やサービス内容の変更をしている可能性があるので、詳細は「デイリーPlus」、「駅探バリューDays」や各施設の公式サイトでご確認ください。

日帰りバスツアーや日帰り旅行の予約ならポケカル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする